遺言執行者の復任権

新法では、現行民法と異なり、遺言執行者は、やむを得ない事由がなくても、復代理人を選任することができる。(ただし、遺言執行者がその遺言に別段の意思を表示したときはその意思に従う。) 遺言執行者の選任・解任に関する規定については、現行民法からの変更はない。